MENU

複数の薬の相互作用リスクは低い

イタドリにはグルコサミンやポリフェノールといった成分が豊富に含まれています。このイタドリの持つポリフェノールの中でも忘れてはならないのがレスベラトロールです。

 

このレスベラトロールというのは赤ワインから発見されているポリフェノールの一種になります。レスベラトロールには副作用も今のところは確認されていません。食品から摂取する程度の量なのであれば問題ないと考えられています。

 

レスベラトロールはイタドリやピーナツといった食品に多く含まれています。イタドリは比較的価格が安いのですが、それでいて含有量はその他の食品と比較しても多く含まれています。

 

日本においてはイタドリの根茎部が医薬品成分となっています。それだけ強く作用する成分ですので、サプリメントの購入時にはどのていど作用するのかを確認しておかなければなりません。

 

レスベラトロールって?

レスベラトロールには大豆イソフラボンと同じような働きがあることが知られています。そのため、ホルモン感受性のある方は摂取量を控えるようにしなければなりません。

 

医薬品との相互作用に関してですが、レスベラトロールと医薬品との間にはっきりとした相互作用はありません。抗血小板薬や抗凝血薬といった薬剤と併用することで、挫傷のリスクが高くなるといわれているのです。

 

抗血小板作用や抗凝血作用のあるハーブなどにおいても同じように注意をしなければなりません。レスベラトロールにはサーチュイン遺伝子と呼ばれる遺伝子の働きを活性化する働きがあると言われています。このサーチュイン遺伝子というのは寿命を伸ばす効果があると期待されているのです。

 

さらに、レスベラトロールというのは活性酸素における攻撃力を低下させる働きもあることがわかっています。放射性物質によって汚染された時においてもレスベラトロールの高い抗酸化作用が効果的だといわれています。

 

イタドリから抽出されるレスベラトロールは安全?

イタドリから抽出されているレスベラトロールというのは安全性が非常に高いといえます。イタドリを過剰摂取してしまうと下痢をすることがあるのですが、レスベラトロールが原因となっているのではありません。

 

食品からもレスベラトロールを摂取することは可能です。しかし、サラダや調理されたイタドリからレスベラトロールを摂取するというのには限界があります。

 

レスベラトロールは1日に最低でも400ミリグラムは摂取しなければなりません。1日に400ミリグラムのレスベラトロールを摂取するとなるとなかなか大変な問題です。

 

そのため、普段の生活の中でレスベラトロールを摂取するのであれば、イタドリのサプリメントを試してみてはどうでしょうか。

グルコサミンサプリ イタドリ


膝痛・関節痛対策にイタドリサプリを試してみる


グルコサミンサプリ イタドリの公式サイトはこちらから